まこと君のようです

夕刻、スーパーに行くと、3歳から4歳くらいの男児が、女性と一緒におショッピングに来ていました。髪形の本質があり、昔のまこと様hairだ。豆下位は、きれいに剃りこみされています。衣裳は、いくぶん毛髪玉がついていて、それだけおセレブでもなさそうだ。
夕刻なので、保育所からの帰りでしょうか。一人っ子ぽかっただ。すると、甚だ女性に豊か話しかけていて、「ニンジン、時にー。」「お肉、時にー」と、連発しています。娘ってそんなものかなと思うのですが、1食い分もいると、その娘のはなしかけが、本当に多いことに気が付きました。
我々も、子には気づかないようなふりをすることに徹していました。

流れを知っています

最近の物価は昭和に近づきつつあります。ロゼレディや経費八ドクターの位の物価だ。その頃、邦人は、物価が安くなるなんて、思いもよらなかったと思います。物価はのぼり続けると信じていたでしょう。
当時、乳房は、250円ぐらいだ。そんなに思うと、本日とおんなじフィーだ。40カテゴリー前のことです。乳房も飲めませんよね。大量には無理です。
12カテゴリーぐらい昔、乳房は、100円で貰えました。物価チェンジは、倍限りだ。100円を知っていると、今の乳房のフィーは、凄く厳しく感じます。ところが、250円が、100円になり、250円になったという事情を知っていると、100円の乳房がトラブルだっとの見込める。
当たり前のフィーがトップ暮らししやすいだ。

湯船にのぼりたいようです

保育ことで泣かない1歳児は、女の子の自転車での送迎で、通園しています。すると、その保育ことの通園銭湯があるようなのです。おんなじアパートでも、その保育ことを用いるほうがいて、通園銭湯を利用しています。
すると、夕暮れ、ほかのお子様を届けに、通園銭湯がやってきます。そこに、保育ことのドクターがのっていて、通い始めたばかりの1歳児の声明を、自転車で先にかえった女の子に喋りておるみたいでした。
すると、子どもが、「ゆうまも、ゆうまも」というのです。保育ことの銭湯に乗って、どうにか、保育所に行きたいというのです。意外と、驚かされます。
その30代の夫妻が、あまりにも貧窮で、マイカーも無く、どこにもいかないことに原因はあるのではないかと思ってしまう。

小さい博物館

我々は、美術作を見ることが好きなのですが日々の忙しさにどうも博物館へ行けません。図書館でビジュアルファンブックなどを見て、本物を見たいなあと思っています。そんな中で醍醐味を見つけました。それはターミナルなどで展示されておる、ホビーの随所の作にふれることです。なんだかの作品ぞろいで見ている方もおかしいだ。仕事帰り疲れていても、画などが展示されていると立ち止まって見ていしまう。そうやって見ていると町中に美術がたくさんあることが気がつきます。駅前の縁側にタイルでモザイク挿画が作られていたり、マンションの中にオブジェが置いてあったり。いつかそういうものを見ながら、散歩するのもいいなと思っています。ほんとにすばらしい手法と出会えそうです。

今日は秋のお花見に行ってきました

秋のお花と言えばコスモスや金木犀が思い浮かびますが、今日は彼岸花を見に行ってきました。

お花見の場所は川の隣の公園で、この季節はあたり一面彼岸花が咲き乱れていて、真っ赤に染まります。

とても人気の場所なので朝早く出発してみたけど、着いたら駐車場もいっぱいなくらいとまっていて

公園にはカメラを持った人たちで賑わっていました。

子供たちは花より遊具で遊びたかったみたいだけど、先にモデルをお願いして写真撮影。

ピンクや黄色のコスモスも絵になるけど、真っ赤な彼岸花も鮮やかで公園の緑に良く映えます。

あんまり興味なさそうだった子供も、お花畑~!と喜んで見ていました。子供と花って良いですね。

近くで写真を撮っていたおじいちゃんやお婆ちゃんと話したり、カメラが共通点の人と話が弾むのも1つの楽しみです。

子供たちは写真も撮ってもらい喜んでいました。

少し遊具で遊んでから次の目的地へ。

今度は彼岸花がたくさん咲いている神社です。

先ほどの公園ほどではないけど、神社の雰囲気に彼岸花が合っていて素敵です。

ここはカメラマンもいなくて貸切。思う存分、お花を楽しめました。まだまだ、行きたいスポットがあって

今年の秋はたくさんお花を見に子供達とお出かけできそうです。

学校の文化祭にいた小さい女の子ウケた笑

うちは服飾系の専門学校なので学校祭はみんながそれぞれの個性を出します。

出し尽くす感じです。

それでも全体的に完成された洗練された印象も求められるのでその秋はアレンジした人魚姫を舞台にしました。

人魚姫なのに海が一切出てこない、というのがポイントで次々に着せ替えられる人魚姫はもはや原型をとどめていないストーリー。

ただし下半身はお魚なのでロングスカート靴なしというのだけは統一されていました。

途中、ストーリーの進行上その人魚姫が山賊にさらわれてしまうのですが友達がその山賊の女リーダーの役を演じたそうです。

山賊といっても服飾系専門学校の本気をみせて、全体的にワイルドな印象の白いファー(毛皮)メインのコーデ。

山の中のはずなのに、信じられないくらいモード系というそのアンバランスが芸術なんだと友達は言ってました。

本当に山賊なら高いヒールの白ロングブーツははかないのかもしれませんが、そこは個人のセンスであり否定しちゃダメなところです。

当日。

舞台はうまくいってました。

私も、観客の一人になって観てました。

隣には女の子、小さい可愛い幼稚園生くらいの。

友達の最後の台詞

「あーっはっは、人魚姫、お前はアタイたちのエモノさ!」

は何事もなく終わる予定でしたが、その子がわりと響く声でお母さんに尋ねたのです。

「本当には食べないよね? 猫だからって食べないよね?」

確かに人魚姫の下半身はお魚。

確かに女リーダーのファッションは白猫っぽい印象かもしれない。

けど、まわりの数人がぷっと笑って私も笑いをこらえるのに必死でした。

学校祭は無事に終わりましたが、あの子どうしてるかな。

自宅で手軽にスポーツ観戦

子どもの頃から、スポーツ観戦が大好きだったのですが、最近になって自分の中でリバイバルブームが起きています。

子どもの時とはひとつ違うのが、観戦をする場所です。かつては球場や競技場で観戦していました。

今はインターネット配信での観戦がメインになっています。

インターネット配信だと世界各国の試合が観戦できますし、気になる選手はすぐに調べることができて、より楽しんで観戦できるようになりました。

配信サイトによっては、試合後に視聴も可能なので、観たい試合がかぶった際には、後から視聴をすることもあります。

スポーツの中でもよく観戦するのが野球なのですが、インターネット配信だとテレビでは放送されない2軍戦も視聴できるので、若手選手や怪我から復帰したばかりの選手などをチェックできて、応援しているチームがさらに好きになりました。

また、2軍戦だと余裕を持って視聴できるので、他球団の選手を覚えるきっかけにもなっています。

インターネット配信だと実況を担当する人によっても、実況内容のカラーが様々で、試合の楽しみ方が変わるのが面白いところです。

観たい試合がいくつかのサイトで配信される時には実況者によって観戦するサイトを選ぶことも増えました。

今後は観戦したことがないスポーツも観てみようと思います。

ブルゾンちえみさんのメイク

こないだの24時間テレビのチャリティーランナーはブルゾンちえみさんでした。

当日発表でしかも走る1時間前に伝えられるって酷なことしますね。

準備もままならない感じが見てとれました。

でも完走出来たので良かったです。

そこで注目されたのが、ブルゾンさんのメイクが落ちないという点です。

ゴールするときにはすっぴんになっているだろうという予測を良い意味で裏切ってくれました。

私も普段から、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーしか使いません。

ですが、数時間後にはよれていたり、汗でにじむことがあります。

それなのにブルゾンさんは1日中汗をかいたり、涙を流してもまったくと言っていいほどメイクが落ちませんでした。

女性なら誰しも何を使っているのか気になりますよね。

そこで、ブルゾンさんのツイッターを調べていたら、載っていました。

ファンの方からの「メイク道具は何を使っているか」という質問に答えていました。

見ると本当に市販されているお手頃価格のコスメでした。

今はそのツイートを見ることは出来ませんが、私が記憶しているのは、

アイライナーは目上はメイベリンのリキッド、目下はビボアイフルのペンシルライナーを使っているそうです。

走ったときもこれを使っていたのかどうかは分かりませんが、私もこのコスメを買おうと思います。

久し振りのドラゴンクエスト11

ドラゴンクエスト11が発売されてから、随分経ちました。
私もはぐれメタルエディションと言う、ゲーム機同梱で購入して遊んでいます。
少ない自分の時間を費やして、漸く世界各地のオーブ集めに出る為に、レベル上げしています。
今回の作品は、とても面白いです。主人公の生い立ちが細かく描かれていて、感情移入しやすいです。
カジノで遊べますし、鍛冶で強い武器や防具を作成出来ます。
始める前に設定で、縛りプレイを指定して、難易度を上げる事も出来るのです。
縛り内容は、戦闘から逃げられない、買い物出来ない、防具を身に付けられない、恥ずかしい呪いの四種類です。
恥ずかしい呪いとは町人に話しかけようとすると、ランダムに恥ずかしい出来事が起きて話しかけられないのです。
そして戦闘中にも、恥ずかしい出来事が起きて一ターン行動不能になってしまいます。余りにもそれが面白いのです。
縛りプレイは止めたくなった時に、いつでもセーブ地点で解除出来ます。
発売されてから多くのYouTuberの方々が、実況プレイや動画のアップをされていて、面白過ぎて視聴している内にスマホのデータ通信量の残り1ギガを切ってしまいました。
大変不味い状態です。早く来月になってほしいです。
それまでは動画視聴禁止令を発令中です。自分のゲームを進めておこうかと思います。

柏原崇さんが美しい!

“TBSのドラマ「白夜行」の再放送を観ました。
オンタイムでは見ていなかったものの、原作の東野圭吾さんの小説は読んだので興味はあったのです。
綾瀬はるかさんの可愛らしいこと!

そして、中でも目を引いたのは柏原崇さんの男っぷり!
もっともっと若いころは大ファンでしたが、最近は私がテレビ離れをしたこともあり、お見かけすることもありませんでした。
改めて見ても、美しいお顔。
ここまで完璧だと、付き合いたいレベルではなく、飾っておきたいレベルです。

気になってちょっとばかり検索したところ、中国のほうでご活躍とのこと。
ええ~、日本でいいじゃーん。
フェイスラインがかなりシャープになり、髭をたくわえたお顔が掲載されていました。
んんー、男前やねえ。

是非、日本の芸能界にお帰り下さいませ!”